格言

「ああ、いとしき恋の天使よ!
わが人生の宝よ! 幸せの宝庫よ!」
                    バルザック

国宝とは何ものぞ。
宝とは道心なり。
道心あるの人を名づけて、国宝となす。
                         最澄

一隅を照らす、これ即ち国宝なり
                         最澄

道者万物之奥 善人之宝 不善人之所保
                      道コ:老子

玉磨かざれば宝とならず
                 礼記

逸話集や格言集は
社会人にとって最大の宝である。
もし前者を適当な場所で会話の中に混ぜ、
後者を適切な場合に想起するならば。
                        ゲーテ

最初に「やめろ、泥棒」と
叫んだ人物が
えてして宝を盗んだ本人である
                 E.コングリープ

私は世界に二つの宝を持っていた。私の友と私の魂と。
                           ロマン・ロラン

青春は短い。
宝石の如くにしてそれを惜しめ
                  倉田百三

静寂と自由とは最大の財宝
                  ベートーベン

人間の運命は、
ルール通りに行われるチェスというより
むしろ宝くじを思い起こさせる
                  エレンブルグ

富める者の宝は、その堅き城であり、
貧しき者の乏しきは、その滅びである。
正しい者の受ける賃金は命に導き、
悪しき者の利得は罪に至る。
教訓を守る者は命の道にあり、
懲らしめを捨てる者は道をふみ迷う。
                   イスラエル王ソロモンの箴言 第10章15〜17節

天の国は畑に隠されている宝に似ている。
それを見つけた人はそのまま隠しておき、
喜びのあまり、
持ち物をことごとく売り払い
その畑を買う
                マタイの福音書第13章44節

「国宝とは何ものぞ。宝とは道心なり。道心あるの人を名づけて、国宝となす。
ゆえに古人いわく、径寸十枚、これ国宝にあらず。一隅を照らす、これ即ち国宝なり」
                                            最澄

心暗きときはすなわち遭う所ことごとく禍なり眼明かなれば則ち途(ミチ)
に触れて皆宝なり
                                              空海

よく結婚は宝くじにたとえられるが、それは間違いだ。
宝くじはときどき当たることがあるからだ。
                      バーナード・ショー

古人曰く

『書物には書物の運命がある。 運命を決めるのは、 読者の心である』
テレンティウス・マリウス『英雄歌』

『愛。それはお互いを見つめ合う事ではなく、一緒に同じ方向を見つめる事である』
サン・テグジュペリ

『たとえあなたが何をしていようとも、それをしている自分を愛せ』
タデウス・ゴラス

『友情は瞬間が咲かせる花であり、そして時間が実らせる果実である』
コッツェブー

『友人が無ければ世界は荒野に過ぎない』
フランシス=ベーコン

『苦しみは人間の偉大な教師である。苦しみの息吹のもとで魂は発育する』
エッシェンバッハ

『人間には幸福のほかに、それとまったく同じだけの不幸がつねに必要である』
ドストエフスキー

『孤独はこの世で一番恐ろしい苦しみだ。どんな激しい恐怖も、皆が一緒なら耐えられるが、孤独は死に等しい』
ゲオルギウ

『人は軽蔑されたと感じたときにもっともよく怒る。だから自信のあるものはあまり怒らない』
三木清

『この世は一冊の美しい書物である。しかしそれを読めない人間にとっては何の役にも立たない。 』
ゴルドーニュ

『魂のこもった青春は、そうたやすく滅んでしまうものではない』
カロッサ

戻る
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット